-ポチまと- 話題・おもしろ情報 ぽちっとまとめ 

話題の情報を、ポイントのみの情報を提供していきます。時間を無駄にしたくない方必見!
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
2014.10.21 17:51|カテゴリ:おもしろコメント(0)

チベットが行ってる『鳥葬』がすごい!!


ima31231ges.jpg

「鳥葬」とは、チベットの伝統的な埋葬法のこと。


ヒマラヤ山脈の北側に広がる、平均海抜4,500mの「チベット高原」。そのほとんどが、かつてラサを都とする独立国「チベット」だった。しかし現在、チベットという国は中国の一部となっている。
「世界の屋根」と呼ばれる高原地帯で、牧畜や農耕をなりわいとし、主に仏教を信仰する「チベット人」が600万人ほど暮らしている。

チベットの葬儀は5種類あるとされる。すなわち塔葬・火葬・鳥葬・水葬・土葬である。このうち塔葬はダライ・ラマやパンチェン・ラマなどの活仏に対して行われる方法であり、一般人は残りの4つの方法が採られる。
チベット高地に住むチベット人にとって、最も一般的な方法が鳥葬である。葬儀に相当する儀式により、魂が解放された後の肉体はチベット人にとっては肉の抜け殻に過ぎない。

その死体を郊外の荒地に設置された鳥葬台に運ぶ。それを裁断し断片化してハゲワシなどの鳥類に食べさせる。これは、死体を断片化する事で血の臭いを漂わせ、鳥類が食べやすいようにし、骨などの食べ残しがないようにする為に行うものである。
宗教上は、魂の抜け出た遺体を「天へと送り届ける」ための方法として行われており、鳥に食べさせるのはその手段に過ぎない。日本では鳥葬という訳語が採用されているが、中国語では天葬、英語では空葬 (Sky burial) などと呼ぶ。

チベット高地で鳥葬が一般的になった理由のひとつに、火葬や土葬は環境に対する負荷が大きすぎることもある。大きな木がほとんど生えないチベット高地で火葬を行うためには、薪の確保が困難である。しかし、森林の豊富な四川省のチベット人は火葬が一般的である。
土葬も寒冷なチベットにおいては微生物による分解が完全に行われず、かつ土が固くて穴掘りが困難なこともあり、伝染病の死者に対し行われる方法である。伝染病患者を鳥葬・水葬にすると病原体の拡散が起こりうるからである。








日本でもかつて「鳥葬」が行われていた?


九相図(くそうず)
貝原益軒(かいばら えきけん) 著「続和漢名数(ぞくわかんめいすう)」などによると、江戸時代前期まで行われていた「遺体を野に捨て置く」埋葬方法である「野葬」から発生したものであるとされている。

画像は「筆に遊び、時代を描ききった天才絵師」といわれる画家・河鍋暁斎(かわなべきょうさい)が描いた「九相図」である。
暁斎が生まれた江戸時代までは、自然下に遺体を葬る野葬があった、とされている。野にさらされた遺体は動物にとっては単なる「エサ」となり、犬や猫、もちろん鳥にも食べられていただろう。

しかし、その野葬の始まりや所作を詳細に記した資料はほとんど残されていない。骨すら残らないからである。

自分を「鳥葬」してもらうには?
日本人がチベットで鳥葬するにはどうしたらいいでしょうか??ご本人の意識がハッキリしているか、遺言のような形で周囲の人に協力を仰げる環境にあって、生きているうちにチベットに航ることができれば、後はチベット専門の旅行会社などを通じて鳥葬の手続きなどをすれば可能と思われます。死亡届けなどは、帰ってから役所ですれば良いので、特に問題はありません。

しかし、予め準備をせずに、亡くなってから行動を起こそうとすると、かなり難しいと思います。「死体遺棄」という犯罪になってしまうからです。飛行機も船も鉄道も荷物扱いですが、死体であるとなれば簡単には受けてくれませんし、隠して運べば発覚した時はオオゴトです。予め、現住所の市町村役場にご相談することをお勧めします。



関連記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
twitterアカウント
img_1.jpg
twitterにて更新情報をツイート
よろしければ、フォローおねがいします。

 各カテゴリRSS


1.jpg芸能 6.pngビジネス
7.png健康 8.pngニュース
9.png恋愛 2.pngゲーム
3.png生活 4.pngアニメ
5.pngおもしろ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。