-ポチまと- 話題・おもしろ情報 ぽちっとまとめ 

話題の情報を、ポイントのみの情報を提供していきます。時間を無駄にしたくない方必見!
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
2014.09.21 07:35|カテゴリ:生活コメント(0)

一日の疲れが残る、疲れる原因をしっかり追求!


130206_Break-thumb-640x360-51678.jpg

しっかりと疲れを取らないと、いつか「ガタ」が来てしまいます
疲れているというのは体が老化しているということです。このまま放っておくと病気の危険性も。本来、その日の疲れは、一晩寝て取るのが基本。しかし実際は疲れが取れず、疲労がどんどんたまった状態で休日を迎える人が多い。
時には自分に優しくきちんと体をいたわってあげる事もとても大切です。パフォーマンスを保とうとするのなら、自分の疲労を自分で回復させる術を学ばなければならない、疲れが残るということは修復が終わっていないということ。つまり「老化」しているということです。



【睡眠の質に問題ありかも?】
・寝る前に10分間のストレッチを行うと寝つきの時間が大幅に早くなることが分かりました。
・よく動いた1日の終わりに仕事や家事で凝り固まった体をしっかりほぐす。安眠効果があるので、不眠症の方にも効果的です。
・夜ストレッチをしておくと寝ながら脂肪燃焼という驚きの効果もありますね。代謝がアップすることで脂肪の燃焼が期待できます。






【もしかして「脳疲労」かも】
imgr21es.jpg
自覚がない事が多いこの疲労、ストレスの原因は様々ですが、その中のひとつに脳の疲労があります。
疲労というと筋肉など体のイメージが強いですが、実は脳も疲労します。
脳の疲れは体の疲れと違って自覚出来ない。

脳疲労とは
脳疲労とは外部からの情報過多により、大脳新皮質と大脳旧皮質の関係性が破綻し、脳が正常な機能を果たせなくなった状態をいいます。
「疲労」ときくと、筋肉など身体的なものをイメージしますが、実は脳はその活動の複雑さゆえ、大変疲労する器官なのです。脳は内臓の中でもっともエネルギーの消費が高く、からだ全体の20%を占めています。

脳疲労の症状
脳が本当に疲れきってしまった時には、身体が疲れているときとは何かちがう異常があらわれます。
思考がはっきりしなくなったり頭痛がしたりするようになります。
これまで興味のあった事にも興味を示さなくなったり、本を読むことも新聞を読むことも苦痛になってきます。
脳の機能が低下することで自律神経のバランスが乱れ、体調を正常に保つことができなくなるために起こってしまう。





【病気の可能性もあり?】
難病「慢性疲労症候群」 国が実態調査を始めることになった、ふつうの社会生活が送れないほど強い疲労感が続く「慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄〈せきずい〉炎)」
厚生労働省は、患者の日常生活や、実際の診断・治療状況を把握する調査を始める

「慢性疲労症候群」とは?
強い疲労感/筋肉痛/関節痛/ 頭痛/咽頭痛/顔のこわばり/リンパ肥大/ 睡眠障害/精神障害/脳機能障害
原因のわからない疲労感が6ヶ月以上続く状態で、たとえ疲れていなくても過剰に疲労感を感じてしまい、からだを動かすことができないという身体疾患です。国内で約30万人がこの症状を抱えていると言われているが、原因は分かっておらず、有効な治療法も見つかっていません。

「怠けている」という偏見
原因不明で治療法はないうえ、症状を客観的な数値で表しにくく、「怠けている」という偏見もある。
認知度が低いため、患者はうつ病などに誤診されたり、一見健康そうに見えるため詐病扱いされたりしている。
「慢性疲労症候群」と言われると、単に疲れている病気かなと思われ、深刻な病状が理解されていない。重症になると寝たきりになったりするため、働くことができず、経済的に困窮する人も多いのが現実。





【”肝臓の疲れ”が原因かも!】
「身体がいつも疲れている、だるい」という人は、肝臓が疲れているのかもしれません。その理由は? そして、肝臓を元気にする生活習慣についてまとめました。

肝臓にはとても多くの血液が送られ、そして体に送り出しています
心臓から拍出(はくしゅつ)される血液量の約4分の1に相当する多くの血液の循環調節を行なっています
肝臓に入る血管には、酸素を運ぶ肝動脈と栄養素を運ぶ門脈の2つの血管系があります。肝臓は、この血管系から入ってくる酸素や栄養素を使って、代謝(たいしゃ)、解毒(げどく)、排泄(はいせつ)などの活発なはたらきを行なっています。
肝臓は「生体の化学工場」に例えられ、生命の維持に必要な多くの働きを担っています。

肝臓の主な働きは、代謝、解毒、胆汁の生成の3つに分けられます
(代謝)
食事でとった食べ物は胃や腸で消化されて吸収しやすい成分に変わり、門脈を流れる血液によって肝臓に運ばれます。肝臓はそれをいったん貯蔵し、体内で利用できる形に変換・合成して、必要に応じて体内のあちこちへ送り出すのです

(解毒)
体内に入ってきたアルコール、薬、食品添加物などの化学物質や体内でつくられたアンモニアなど、体に有害な物質を分解して無毒化し、尿や便として体外に排出します

(胆汁の生成)
胆汁は脂肪の分解や、あぶらに溶けやすい脂溶性ビタミンの消化・吸収を助ける働きをします。肝臓が分泌した胆汁は、胆管(胆道)でつながっている胆のうに蓄積されて濃縮され、胃から十二指腸に食物が流れてくるとその消化・吸収のために十二指腸内に放出されます

肝臓が疲れてしまった症状
疲れやすくなった、常に倦怠(けんたい)感がある、という人は要注意。疲れているということは、肝臓が休養を求めているということ。
肝臓の機能が低下すると、体内の毒素が分解されなかったり栄養が体内を循環しないなどの状態になってしまうため、自然に体の働きは低下。
体の働きが低下し、眠気・倦怠感が常につきまとう、十分な休養をしていても身体が「元気がない」「疲れた」と感じます。





【精神的ストレス】
帰宅したら仕事モードをリセットすることで、精神をしっかり休ませてあげましょう。
ネットの影響で、オフ時間にまで仕事が簡単に侵食し、生活のメリハリがなくなっています。「今日は久々に早く仕事が終わった!よし、同僚を誘って一杯でも・・・」と考えるのではなく、自宅に直行してゆっくりとお湯に浸かり、余った時間を自分の趣味の時間に充てる。
気持ちのうえからも始まる「疲れ」もありますから、口癖のようにマイナスな言葉を言わないように気をつけましょう。これらのネガティブな言葉は一度禁句にしてみるといいかも。
「仕事がデキる人、社会に影響力を持つ人は、皆さん脳のリセットが上手なものです。

心と体のバランスをとる
心と体の疲労はお互いに影響を及ぼし合うとされているので、どちらかが過度に疲れ過ぎないようにしましょう。
ここ数年のうち急激に体の健康状態には心の状態が大きく関係していることが社会的に認知されるようになってきています。
精神的な疲労は蓄積する。この疲労のやっかいなところは、肉体的なものとは違ってなかなか気づきにくいということ、心の疲労は身体に影響し、逆に体の疲労は心に影響します。健康に生きるためには、心と体のバランスがとれている事が重要です。
関連記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
twitterアカウント
img_1.jpg
twitterにて更新情報をツイート
よろしければ、フォローおねがいします。

 各カテゴリRSS


1.jpg芸能 6.pngビジネス
7.png健康 8.pngニュース
9.png恋愛 2.pngゲーム
3.png生活 4.pngアニメ
5.pngおもしろ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。