-ポチまと- 話題・おもしろ情報 ぽちっとまとめ 

話題の情報を、ポイントのみの情報を提供していきます。時間を無駄にしたくない方必見!
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
2014.09.22 07:27|カテゴリ:ビジネスコメント(0)

スーツを経費で落とせる?サラリーマンが知っておくべき節税対策


pt_gallery-04_l.jpg

サラリーマンも経費を申告できるようになってた!?
平成25年から「特定支出控除」が改正され、サラリーマンもスーツや本を買ったら自営業の人のように必要経費として申告できるようになったのだ。知ってましたか?
もしかしたら、払いすぎた税金が戻ってくるかもしれないですね。

職業柄、衣服費・交際費・資格取得費・研修費などの支出があまりにも大きい場合は、確定申告で税金が戻ってくることがある
職務に直接必要な「弁護士、公認会計士、税理士、弁理士、社会保険労務士、行政書士、医師、歯科医師等」の資格取得費も対象になる。
今までは、簿記、珠算及び英語の検定資格、栄養士及び調理師の資格、運転免許、危険物取扱者免許などが控除対象。さらに上記が加わった形です。

あまり知られていないが、本・服・資格取得も対象になった
47485889.jpg
・本と新聞・雑誌もOK
・仕事のために買った本たちも控除の対象になるなんて、すごくすごく有難い!
・仕事における情報収集の一環と考えれば、スポーツ新聞・マンガ雑誌・金融新聞の電子版も認められる可能性がある
・着用が社内の慣行になっていれば、スーツ・ワイシャツ・ネクタイ、作業現場で着用する安全靴、安全手袋も対象になる
・靴・靴下・下着は対象外になる可能性がある
・私服を着用しているような場合には、その私服の購入費は特定支出に該当しない

こちらも控除の範囲でした
・仕事する上で、必要と認められた通勤の支出
・勤務先が負担した費用でも、自腹となっている部分は該当になる
・派遣社員は交通費自己負担のケースが多いので、使えるかも
・家族分もまとめて転勤で引っ越さなくてはならない場合の、もろもろの費用を申請することができます。
・仕事に直接必要な技術や知識を得るために受講する、研修のための費用

しかし、すべてが対象ではない…
図書や衣服を購入するための費用、交際費については、年間65万円までしか認めれない
当然ですが、会社から支給されたものは対象外
特定の支出は「仕事に直接必要であれば」という条件があるので、仕事に必要かどうかの証明書を会社から発行してもう必要がある
関連記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
twitterアカウント
img_1.jpg
twitterにて更新情報をツイート
よろしければ、フォローおねがいします。

 各カテゴリRSS


1.jpg芸能 6.pngビジネス
7.png健康 8.pngニュース
9.png恋愛 2.pngゲーム
3.png生活 4.pngアニメ
5.pngおもしろ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。