-ポチまと- 話題・おもしろ情報 ぽちっとまとめ 

話題の情報を、ポイントのみの情報を提供していきます。時間を無駄にしたくない方必見!
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
2014.09.13 07:22|カテゴリ:生活コメント(0)

猫よけのペットボトルって意味あるの?


070828neko.jpg
家の周りにずらっと置いてる猫よけの水入りペットボトル
「水を入れたペットボトルを置いておくと、猫が怖がって近づかない」という猫よけ対策
「猫は太陽の光の乱反射(キラキラ光る)を嫌うので、ペットボトルに水を入れて置いておくと、猫が近寄らない
光が乱反射して、猫の方向感覚がおかしくなって、近づきたくなくなるらしい


実際は全く意味がありません
賢い猫はペットボトルに何の害も無い事をすぐに学習します。また、ノラ猫の活動が多くになる夜には全く効果がありません。
最初はびっくりするけど、すぐ慣れてしまい意味がないらしいですね。

おきっぱなしになった水入りペットボトルは危険?
水の入ったペットボトルがレンズの役割をして太陽光が収束され、発火したという事例があるので危険です。
ペットボトルに入れられた水が、日光の屈折により火災を起こす可能性があると言う。
虫めがねで太陽の光を集めて火を起こすことができるのと同じ原理で、わずかな可能性ではあるが、火災に発展する恐れもある。
効果の方はもちろんない。それどころか、街の景観を損ねる、火事になる、虫が湧く、などのデメリットの方が多いようだ。


ではなぜ水入りペットボトルを使うと効果があると広まったのか?
誰かが猫よけの効果があると思い使っていた物をマスコミが総じて取り上げ、それが切っ掛けで日本中で広まったのだ。
元ネタはオーストラリアみたいです

猫の縄張りはとても狭くて、一度追い払ってもまた戻ってくる
u312rl.jpg

猫の行動範囲は範囲50メートル、100メートルといわれ意外に狭い範囲で行動すると言われています。この狭いエリア内で、食事場所、トイレ、仲間の猫との社交場、寝床などを決めて行動するのです。
猫はそれぞれの「マイ場所」に対する執着心、意識が他の動物に比べても非常に強いわけです。いわゆるテリトリー(縄張り)意識
また、追い払おうと試みたり、その他の方法で猫よけしようものなら、今まで被害のなかった場所に糞をされたりマーキングをされたり、逆に攻撃がエスカレートすることがあるように、場所に執着する意識の強さに気づかされます。

実際に猫を退治するには市販の忌避剤購入をオススメします。
猫がいやがるニオイ成分を利用した顆粒状の薬剤。これを猫が来る場所にまきます。
1回や2回まいただけではダメで継続が必要です。いつまで継続するかというと、猫が来なくなるまでです。
関連記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
twitterアカウント
img_1.jpg
twitterにて更新情報をツイート
よろしければ、フォローおねがいします。

 各カテゴリRSS


1.jpg芸能 6.pngビジネス
7.png健康 8.pngニュース
9.png恋愛 2.pngゲーム
3.png生活 4.pngアニメ
5.pngおもしろ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。