-ポチまと- 話題・おもしろ情報 ぽちっとまとめ 

話題の情報を、ポイントのみの情報を提供していきます。時間を無駄にしたくない方必見!
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
2014.11.12 07:43|カテゴリ:生活コメント(0)

貯めたいのに貯まらない…あなたが貯金できない5つの理由



貯めたいのに貯まらない…あなたが貯金できない5つの理由

お金
貯金をしよう、と考えていはいるけどなかなかできない。という方多いようです。
貯金しようと思っているのに、気づけば毎月残高0円…。貯めたいのに溜められない人はお金の使い方に問題があるかも!?

貯金できないのには理由がある

bikkuri_onnna_odoroki_nayami.jpg
一生懸命働いているのになかなかお金が貯まらない、貯金なんて夢のまた夢、という人はまず自分の出費パターンを冷静に考えてみてはどうでしょう。自分がどんなタイプの浪費癖があるか分かれば、お金の使い方を改善できます。

①コンビニ貧乏
いままでコンビニで使っていた分のお金を貯金箱に入れてください。1日500円玉1個くらいでしょうか。1ヶ月で1万5000円。ちょっとした旅行に行けますが、1年貯めたら18万円にもなります。我慢がこれだけの貯金を作り出すのです。
会社帰りにコンビニによるのが習慣になっていませんか?新商品のお菓子や雑誌など、必要のないものもつい買ってしまいます。数百円のものでも毎日となると、結構な出費になりますね。

②ストック貧乏
まとめ買いすると安くなるとしても、必要量を買ってその都度の支出を減らす方が無駄は省きやすいらしいです。
食品や洗剤、トイレットペーパーなどの生活用品など。結局使い切れずに腐らせてしまったり、悪くなる前にと無駄に食費が豪華になってしまったり…。まとめ買いをやめるだけで食費が半分に減ったという話もあります。
その時必要な分だけ買って使い切ったら買うようにしましょう。

③カフェ貧乏
ちょっとした息抜きに、すぐ通ってしまいます。ドトール、スタバ、タリーズ、、、
ラテ貧乏とか、スタバ貧乏というらしいです。ついついふらっと寄ってしまうカフェ。
1か月分を計算したら素敵なディナーに行けちゃうくらい使っていませんか?
自宅からコーヒーを持って行くだけでもかなり出費が抑えられるはずです。

④人付き合い貧乏
お金はみんなで楽しく使ってこそ価値があるというポリシーを持っています。飲み会には必ず参加し、友人へのプレゼントもお金を惜しみません。人付き合いも大切ですが、プレゼントは心のこもった手作りのものにしてみたり、飲み会はホームパーティーでワイワイするのもたまにはいいのではないでしょうか?

⑤三日坊主貧乏
ちょっと貯まると満足し、節約生活にも途中で飽きてしまう。いいところまで来ているのに挫折してしまう。
さあ貯金するぞ!と気合を入れるけど続かないタイプ。少し貯まると満足して息抜きに使ってしまう…。
まずは少ない額で毎月貯金を始めて絶対に手を付けないように別の口座に貯めるなど継続することが大切です。

誰でもできる貯金のプロセス

①明確な目的を設定する
「結婚資金」「毎年台湾で美味しい中華を食べる」「住宅購入の頭金」「海外留学」などなど、目的はいくつあっても構いません。むしろたくさんあるほうが貯める気力が湧きます。

②目標額を決める
目的を達成するためにいくら必要なのか計算しましょう。例えば、このような感じで。
・病気や不時の災害への備え:生活費の1年分(少なくとも6ヶ月)
・住宅取得資金:購入物件の3割
・結婚資金:結納~新婚旅行まで400万円程度、新生活準備に150万円程度

③期間を決める
「いつ実現したい?」と自分に問いかけると、3年後、5年後、10年後…、おのずから貯蓄期間は明らかなるはずです。ここはしっかりイメージしてください。

④毎月の貯金額を決める
例えば、1年後までに30万円貯めてフランス旅行に行く!と決めた場合、毎月の貯金額は2万5000円となります。

それでも貯金ができない!という方へ

nQTrurWxUmJU2qX_9451.jpeg
貯金ができない人は、なんとなくお金をためてみようという人が多いのです。
今度こそ必ず貯金残高を増やしたいと決意しているのであれば、この方法を試してみて下さい。
このブログの筆者様は、このステップを行う事で、貯金のペースがグンと加速したそうです。
「確実に徹底して貯金ができる仕組み」を作る具体的なステップです。

①貯金専用口座を作る
貯金上手と呼ばれる人は、高確率で貯金専用の口座を持っています。ここで、貯金できる人と貯金できない人の差がどんどん開いていきます。

②銀行の定額自動送金サービスを申し込む
毎月、指定した金額を、指定の振込先に自動振込してくれるサービスです。ただし、他銀行への振込は手数料が高くなる場合もあるので、一度銀行に確認を取ってから申し込みを行って下さい。

③自分のキャッシュカードをハサミで切る
もしくは、キャッシュカードと通帳を信頼できる第三者に預ける
これ、結構勇気いりますよね…!こうして、自分の力ではおろせないようにするのがポイントです。不可能ではないけど、お金をおろすのに手間がかかるという状態にしておけば無駄遣いが防げます。


関連記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
twitterアカウント
img_1.jpg
twitterにて更新情報をツイート
よろしければ、フォローおねがいします。

 各カテゴリRSS


1.jpg芸能 6.pngビジネス
7.png健康 8.pngニュース
9.png恋愛 2.pngゲーム
3.png生活 4.pngアニメ
5.pngおもしろ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。