-ポチまと- 話題・おもしろ情報 ぽちっとまとめ 

話題の情報を、ポイントのみの情報を提供していきます。時間を無駄にしたくない方必見!
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
2014.09.07 09:07|カテゴリ:ビジネスコメント(0)

最高裁が初の判断?!NHKの受信料滞納は「5年で時効」?


6260723020_2c7c06a6b9_o_m.jpg
NHKの受信料の滞納は、「5年で時効」と最高裁が初の判断

  • NHKが受信料の滞納分を何年さかのぼって請求できるかが争われた訴訟の上告審判決
  • 鬼丸かおる裁判長は5日、「時効は5年」との初判断
  • 「消滅時効は10年」とするNHKの上告を棄却
  • 最高裁の判断、今後5年前よりさかのぼっての受信料徴収は困難になる。



  • 横浜市の男性が「時効5年の金銭債権」と主張、NHKは「一般債権の10年」を主張
    今回は、NHKに約7年間分受信料約19万円請求された横浜市の男性
    「受信料は時効5年の金銭債権に当たる」と主張。
    NHKが「一般の債権と同じ10年が時効だ」として上告していました。



    一定期間ごとに金銭を支払う定期給付債権に当たると判断、1,2審判決を支持した

    NHKの受信料は2カ月ごとに支払うか、半年または1年分を一括して前払いする方法が取られており、規定が適用されると判断。時効を5年とした一、二審判決を支持し、10年と主張したNHKの上告を棄却した。判決は、受信料は1年以内の一定期間ごとに金銭を支払う定期給付債権に該当し、民法に基づき消滅時効は5年と判断した。この訴訟では、受信料を2005年から7年間支払わなかった横浜市の男性にNHKが約20万円を請求したが、今回の判決により、支払額は約15万2000円で確定した。



    判決について、NHKのコメント
    「判決を真摯に受け止め、以後、今回の判断を踏まえて対応する」
    「引き続き滞納全期間について請求するが、視聴者から時効の主張が合った場合は、消滅時効を5年として取り扱う」

    なお、受信料の時効をめぐる確定判決は、101件が「5年」、
    4件が「10年」とされていた
    関連記事
    test
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    twitterアカウント
    img_1.jpg
    twitterにて更新情報をツイート
    よろしければ、フォローおねがいします。

     各カテゴリRSS


    1.jpg芸能 6.pngビジネス
    7.png健康 8.pngニュース
    9.png恋愛 2.pngゲーム
    3.png生活 4.pngアニメ
    5.pngおもしろ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。