-ポチまと- 話題・おもしろ情報 ぽちっとまとめ 

話題の情報を、ポイントのみの情報を提供していきます。時間を無駄にしたくない方必見!
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
2014.09.25 07:25|カテゴリ:芸能・アイドルコメント(0)

「口もききたくなかった」浅田舞と真央の過去の確執が明らかに!


Bs_hvPcCQAIR579.jpg

最近では姉妹でメディアに登場することも多くなった、浅田真央・舞姉妹。私生活でも一緒にカラオケやショッピングに行くなど、仲が良いことでも知られていますが、以前は口も聞かないほど仲が悪く、実際にいなくなれば良いと思っていたと真央ちゃんが告白するほどの確執があったそうです。

ほほえましくなるほど仲が良い浅田姉妹

Bs_hvPcCQAIR579.jpg
姉妹仲は友達のように良いという浅田姉妹、ショッピングやお食事にも一緒によく出かけるという。

そんな浅田姉妹にも壮絶な確執があったという。ジュニア時代に比べられ続け、会話もしなかった程の強い確執があったことを告白。浅田真央さんは、 姉の舞さんが嫌いで、いなくなればいいのにと思っていた時があったと告白した。

過去には殴り合いのケンカ

2010-10-31-164233.jpg
大の仲良しである浅田真央・舞姉妹だが、これまでいろいろな葛藤があったという。
妹・浅田真央とは 小さいころからよくケンカしていたし、舞さん曰く殴り合いのケンカもあったようです。
姉妹の友人の松村早葵さんは「いつも舞とケンカしてた。お互い練習をさぼってると“ママに言いつけるよ”ってケンカしているイメージ」と語った。

幼稚園からスケートを始めた妹・真央だったが…

幼い頃、真央はどんなに頑張っても、舞に勝つことができなかった。さらに、浅田母はいつも姉・舞の方を応援していた。

舞さんは「お姉ちゃんだし、大きいのだから勝つのが当たり前」 と考えていたが、当時から”負けず嫌い”がすごかったという浅田真央さんは、まったくそうは思っていなかった。
小さいからと言って、なぜ、自分が負け続けなければならないのか。そんな理不尽は、とうてい我慢できないと苛立っていた。
母・匡子さんは「真央は、子どもの頃から負けるのが嫌いだったから、スケートだけじゃなくて何にでも一番になりたがったんです」とも語った。

スケートもうまくてケンカばかりの舞なんていらない…真央が明かした姉・舞への思い

真央ちゃんは「舞ちゃんがいなければいいのに」と思っていたという。「だって、凄いケンカするんですもん」と当時を語った。

姉妹間の”葛藤”に苦しんでいた姉・舞
浅田真央と姉・舞は、仲の良い姉妹でありながら最も身近なライバルとしてお互いを磨きあった。
真央という稀有な存在の陰に隠れ、これまで特別に目立つことはなかったが、舞は妹同様、天才の才能を持つ選手だ。それがジュニア時代になると、その立場が逆転してしまい、評価も妹のほうが高くなってしまいます。

思春期の時、それまでの立場が決定的に逆転
真央が15歳でトリプルアクセルを成功させその後数々の試合で勝ち続けていき、追う側と追われる側の立場が逆転したことも舞は明かした。
「初めは自分の方が上手だったのに高校生あたりから真央に抜かされはじめた」と語る。

舞はスケートの舞台から身を引いてしまった
浅田舞は妹・浅田真央に対して嫉妬していた。2002年以降、真央は天才少女と称賛を浴びるようになり、姉の舞との間には大きな溝が生まれたという。その頃を境に、舞はスケート辞めてしまった。
「真央には、いつか抜かれるってわかってました。なんかね、子供心に思ったんですよ。ああ、真央ってすごいな、上手だなあって」

大きな溝…それでも舞は真央のことを憎みきれなかった

真央が天才少女として称賛を集めたことで姉妹に溝が生まれた。
互いを嫌うほど意識していても、姉の舞さんは真央さんのことを憎みきれなかったと語っています。

「憎たらしくて嫌いだったけど」
真央は姉に「(真央のことを)いなければ良いのにって思うことあった?」と訊ねると、舞は「思わなかった。真央なんかいなければ良いのにとは、一度も思ったことはない。こいつ憎たらしいと思って、本当、嫌いって思ったことあったけど」と答えた。真央は不思議そうな、驚いたような、納得いかないような、そんな複雑な表情で「でも…」と言葉に詰まった。そのあと、舞は真央に「あるんでしょ?」と詰め寄ると、真央は「うん…」と苦笑しながら即答し、実は舞のことをいなくなればと思った時期があったことを告白していました。

スケートが嫌になり、進退を迷っているときでさえ、真央のスケートはとても好きだったという。

一方、妹・真央の思いとは

5ffecdb8f44a9d632a20a96375d98084_13416.jpeg
2人は、今振り返ってみればあの時期はあの時期でなくてはならない時間だったと話した。和解したきっかけを真央は「お互いにそれぞれ違う道に進み始めた時に、ちょっとずつまた『元気?』とか話すようになって、『やっぱり話さない?』ってなって、一緒に心を打ち明けて話してから、もうずっとそれからは。多分それだけ、一生懸命だったのかな。スケートに対して」と答えた。

「距離があって寂しかった」…それでも”確執”の期間が自分を強くしてくれた
距離があって寂しい時期もあったけど、あの時期があったから自分も成長できたと真央ちゃんは言ってました。
辛い時期も楽しい時期も分かち合ってきた姉妹には、この先何が起きても、力を合わせて乗り越えていくのでしょう。


関連記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
twitterアカウント
img_1.jpg
twitterにて更新情報をツイート
よろしければ、フォローおねがいします。

 各カテゴリRSS


1.jpg芸能 6.pngビジネス
7.png健康 8.pngニュース
9.png恋愛 2.pngゲーム
3.png生活 4.pngアニメ
5.pngおもしろ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。