-ポチまと- 話題・おもしろ情報 ぽちっとまとめ 

話題の情報を、ポイントのみの情報を提供していきます。時間を無駄にしたくない方必見!
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
2014.10.28 17:28|カテゴリ:ニュースコメント(0)

マリファナが合法な国『オランダ』がセレブに大人気?!



オランダ アムステルダムで大麻の使用が合法化

IMG_0986.jpg
ヨーロッパで一番最初に大麻を非犯罪化したために大麻王国のイメージが強いが、実は愛好家率はスイス・フランス・イギリス・チェコ・オーストリア・ドイツなどよりも低い。一時期、旅行者には売らない方針へ転換したが再び解禁へ。

大麻ってとっても危険なんじゃ

u31231frl.jpg
多幸感をもたらす鎮痛作用・食欲増進などの薬理作用があるとされる。幻覚も見え、高揚感が得られる。

大麻に依存性はない
カリフォルニア大学のジャック・ヘニングフィールド博士がアルコール、ニコチン、コカイン、ヘロイン、カフェインの5つの物質とマリファナを比較した際、依存、離脱、耐性という点においてはマリファナは最も低いという結果になった。
ニコチン・ヘロイン・コカイン・アルコール・カフェイン・マリファナの値。全ての点でマリファナはアルコールより安全で、他の薬物と比べると総合的な危険度はカフェインと同等程度となっています。
麻薬や覚醒剤への依存は、断薬時に嘔吐や発作などの「身体的依存」と呼ばれる状態を引き起こし、過剰摂取による死も起こる。「自分の意志で使用をコントロールできる大麻に中毒性があるとは言えない」とのこと。

大麻は医療用として多く用いられる
マリファナには苦痛を和らげる効果があり、食欲減退や吐き気、筋肉の緊張にも効くといわれる。
医療マリファナは、大麻や合成THC、カンナビノイドを利用した生薬療法。現在、アメリカ合衆国の17州[カナダ・イスラエル・ベルギー・オーストリア・オランダ・イギリス・スペイン・フィンランドなどで使われている

ハリポタのDラドクリフが先日訪問したみたい。

womaninblack.jpg
ダニエルはお忍びでアムステルダムにあるマリファナ・カフェ「Joa Green House」を訪れた。今回、ダニエルが訪れたJoa Green Houseは、クオリティーの高いマリファナを提供する有名店。
了解を得た上でこれまでにインスタグラムに掲載されたセレブ客は、スヌープ・ドッグにマイリー・サイラス、クリス・ブラウン、R&B歌手のミゲルら。店内にもリアーナや50セント、ピンク、マイク・タイソンら大物セレブが笑顔で撮影した写真が所狭しと飾られている。

レディーガガもアムスのステージでマリファナ

th_gaga-lady-gaga-20910432-2000-1311.jpg
「アムステルダムなら、アタシがマリファナを吸うことを話してもいいって思ったの。だって真実を知ってもらいたいもの。真実はこう。マリファナはアタシの人生を完全に変えてくれたわ。」と語ったらしい。

みんな堂々と吸ってる。

オランダでは大麻(マリファナ)は合法化されている。街頭には「コーヒーショップ」と呼ばれる大麻販売店があり、免許や許可証もなしで大麻を購入できる。
厳密には、大麻の所持・使用は規制されていますが、オランダでは「個人使用目的とした5グラム以下のソフトドラッグ所持」は基本的に起訴しない(罪に問われない)方針。
行政がしっかり管理できる施設にのみ一定条件下でソフトドラッグ販売を許可し、ソフトドラッグ市場とハードドラッグ市場を完全に分離し、厳格に管理したほうが薬物による害は少なくなる(ハーム・リダクション)、との考えです。

なんと驚くことに、一流ホテルにあるガイドブックにも「売春の仕方」や「マリファナの買い方」が載っていた。


関連記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
twitterアカウント
img_1.jpg
twitterにて更新情報をツイート
よろしければ、フォローおねがいします。

 各カテゴリRSS


1.jpg芸能 6.pngビジネス
7.png健康 8.pngニュース
9.png恋愛 2.pngゲーム
3.png生活 4.pngアニメ
5.pngおもしろ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。